引越し作業のトラブル|引越しのコツNAVI

引越し業者選びの心得|引越しのコツNAVI

引越しのコツNAVIトップ > トラブル防止

トラブル防止

ただでさえ、バタバタする引越し作業は、トラブルなく済ませたいものです。
キャンセル料、追加料金が発生する場合などを、事前にチェックしておきましょう。

荷物の破損・傷・紛失によるトラブル

引越し作業中に家具にキズがついたり、荷物が破損していることが分かった場合には、明らかに引越し作業員の不手際に起因することが多いので業者との話し合いも比較的スムーズに進むはずです。

作業責任者との話し合いで解決しそうにない場合には、見積もり時の営業マン、または業者の事故係、クレーム担当者などと連絡をとるようにしてください。

引越し業者の対応としては、修理できるものは修理、修理不可能なものについては相応の代替品、または金銭によって補償することがほとんどです。荷物の紛失に関しては通常考えられませんが、この場合、その荷物があったことの証明や警察への盗難届けなども必要になってきます。引越し後の荷物整理中に出てくるような勘違いもあります。

また引越し後、しばらくしてから家具のキズや不具合、荷物の破損や紛失に気づいた場合にもすみやかに業者に連絡してください。
引越しの場合には荷物事故、紛失などの通知は3ヵ月以内に引越し業者にしなければ、補償の対象になりません。時間が経ってしまうとそれらの証明が難しくなってしまうので、引越し後の荷物整理は早めに終えるようにしたほうがいいようです。

引越しのキャンセルによるトラブル

引越しをキャンセルする場合、決められた期日を過ぎてしまうとキャンセル料が発生します。

しかし必ずしもキャンセル料を支払う必要があるわけではありません。引越し約款という引越し業者と申込者の間で交わされる契約についての取り決めを理解しておく必要があります。

引越しは「引越しサービス」という商品を購入するわけですから、一旦購入契約を結んだ後、キャンセルする場合には他の商品と同じようにあらかじめ定められたキャンセル料を支払う必要があります。キャンセル料については引越し約款で次のように定められています。

引越し前日のキャンセル
引越し料金の10%以内
引越し当日のキャンセル
引越し料金の20%以内

※日程の延期の場合も含まれます。

追加料金によるトラブル

見積もり書に記載された引越し料金の他に、特に見積もり書に明示されていなければ、引越し業者は引越し当日に追加料金を請求することはできません。

しかし、申込者が積地、降し地、荷物の詳細について引越し業者に正しい情報を申告していなかった場合はその限りではありません。
積地での現地見積もりをした場合には、搬出については問題ありませんが、新居の状況については引越し業者に正しく伝えておく必要があります。新居への荷物の搬入について、トラックが進入できない環境にある場合やエレベーターの有無などが考えられます。場合によっては専用の車両の用意、引越し作業員の増員などをしなければならないからです。

引越しの見積もりはたいてい積地でのみ行われるものなので、新居の玄関、階段が予想外に狭かった場合など、こういった作業が必要になった場合に業者によっては、別料金として請求するところもあります。見積もり時に確認しておくことをおすすめします。